通信制高校には偏差値はあるの?

通信制高校入門編
この記事は約6分で読めます。

高等学校には、進学の際に学力が志望校に届いているかどうかを確認するために偏差値というものが使用されています。

偏差値はテストを受けた中で自分の学力がどの程度なのかを数値化したもので、平均は50となっています。

全日制高校は知っての通り偏差値がしっかりと学校ごとに明確に開示されていますが、通信制高校に関してはあるのかどうか知らない人の方が多いでしょう。

偏差値という概念があるのかどうかさえ知らない人の方が多いかと思います。

なので、今回の記事では通信制高校に偏差値というものがあるのかどうかを詳しく解説します。

通信制高校には偏差値がない!?

結論から言うと、通信制高校には偏差値がありません!

全日制高校の場合、中学生の段階で希望する高校に願書を提出し、入学試験や面接を受けて、合格すれば入学することができます。

志望校を選択する時には、今の自分の偏差値で合格する可能性がある学校を選ぶことになります。

対して通信制高校の場合は、中学校在学中や中学校卒業見込みの人または、卒業している人、それと同等レベルの学力がある人なら入学試験なしで入学することができる学校が多くあります。

入学試験がある学校であっても、学力試験を行わず、面接と作文を行うだけで入学することができる学校もあるため、偏差値を割り出すのが難しいのです。

通信制高校が偏差値を出していない理由は?

通信制高校が偏差値を開示していない理由は、生徒を多く受け入れるためです。

通信制高校に通っている生徒の多くは、中学の時に不登校を経験した人、高等学校を中退してしまった人などの色んな事情を抱えた人が高卒資格を取得する為に通っています。

その為、色んな事情を抱えた人が高卒を取得することができるようにするために、落とすための試験ではなく、受け入れるための試験を行っています。

どうしても偏差値を知りたい時にはどうすればいいのか

通信制高校に偏差値がないとしても、大学受験をする上では、一つの基準になるので大事になります。

その為、今現在の自分の学力がどれくらいのレベルなのか、どのレベルの大学なら合格しやすいのかを知りたくなると思います。

そういった時には、予備校が行っている公開模試を受けてみると良いでしょう。

公開模試というのは、大学受験等を行う時に、現時点で必要な力が身についているのかを確認することができる試験の事です。

基本問題から合否の分岐点となる問題までを幅広く出題されるので、どの程度理解できているのかを測ることができます。

この試験を受けることで今の自分の偏差値を間接的に出すことができるので、それを基準に進学する大学を決める事ができるようになります。

通信制高校でも学力を上げることはできるのか

大学進学を目指す人にとって非常に重要になるのは通信制高校に通っても学力はアップさせることができるのか、ということではないかと思います。

結論から言えば、通信制高校であっても学力をアップさせることは十分可能です!

通信制高校の多くは少人数制を採用していて、生徒一人一人の学力にわせてカリキュラムを組んで授業を行ってくれます。

複数人の生徒を対象に限られた時間の中で同時に授業が行われる全日制高校では、授業の途中で追いついてくことができなくなったとしてもどんどんと先に進んでしまいます。

その為、理解することができないままになってしまうので挫折の原因になってしまうのです。

しかし、通信制高校は自分の学力に合ったカリキュラムで授業を行ってくれるので、置いていかれることはありません。

ただし、確実に学力が挙がるかと言われるとそうとも言えません。

なぜかというと、通信制高校は基本的には自分にペースで学習を進めていくことになるので、学力がアップするかどうかは自分次第となってしまうからです。

やる気を出してしっかりと学習を進めていけば、苦手な科目に関しては、ミスしがちなポイントを克服することができたり、得意科目であればより伸ばしたりすることができるので、効率的に学力をアップさせることができます。

しかし、怠けてしまえばその分学習は遅れていくことになるのでいつまでも学力を上げることはできません。

思い描く進路に向け、計画的に勉強を進めていきたい人や、勉強の遅れを取り戻しつつ学力アップを目指していきたい人にとっては向いている学習スタイルであるといえますね。

通信制高校で偏差値を上げるためにはどうすればいい?

小中学校の時に不登校を経験し、勉強が大幅に遅れてしまっていたとしても、通信制高校で学力を上げることは可能であることはわかったと思います。

では、今度は具体的にどうすれば学力を上げることができるのかを紹介します。

ポイントは以下の3つになります。

・自分の学力に合わせて授業をしてもらったりカリキュラムを組んでもらう
・自宅でしっかりと学習をする
・サポート体制がしっかりとしている通信制高校を選択する

自分の学力に合わせて授業をしてもらったりカリキュラムを組んでもらう

通信制高校は、生徒一人一人に合わせて授業を行ってくれたりカリキュラムを作成してくれたりするので、勉強についていけないといったことがありません。

また、授業はレポートを作成しやすくし、単位を取得しやすいように優しめの内容になっています。

学校によっては個別授業を行ってくれるので、自分のペースに合わせて授業を行ってくれるので理解できるまで何度も教えてもらうことができます。

クラス制と採用していたとしても少人数で、先生も2人体制であることもあるので、出遅れてもしっかりとバックアップしてくれます。

進学を目指すのにAO入試を受けるのもあり

通信制高校に通っているだけだと、自分の学力がどれくらいあるのかを数字で見ることはできません。

しかし、「自分の学力がどれくらいかわからないけど、進学はしたい」と思っている生徒も多いでしょう。

そんな人は、指定推薦入試やAO入試で進学を目指す、という方法もあります。

一般入試は学力重視なので、自分の学力がどれくらいかしっかりと把握しておく必要はありますが、指定推薦入試やAO入試は普段の学業成績や課外授業に対するいよく、取り組み、生活態度などが重視されます。

また一般入試との大きな違いは、学力試験ではなく、面接と小論文の提出である、ということです。

AO入試の場合は受験者の個性や特徴などを重視してくれるので、通信制高校の自由な学習スタイルをフルに活かして、特技やアピールポイントをしっかりと増やしておけば有利になります。

A通信制高校だからこそのメリットはあるのか

通信制高校に通うことで得られるメリットは数多くあります。

中でも最もメリットなりやすいのは「自分ペースで勉強をすることができる」ということです。

通信制高校は入学に関しての入り口が広いので、学校に通う時間が少ないことが魅力になります。

通学時間や学校で授業を受けている拘束時間を丸々自分のペースやカリキュラムで勉強ができるので、時間を有効に使いながら、苦手分野を集中して学習する事ができます。

自分の計画通りに勉強ができるのは、効率的に知識を身につけることができるので、理解できればどんどん先に進んでいくことができます。

他の仲間と歩幅を合わせて勉強しなくてもいいのも魅力ですね。

また、自分の好きな時間に学習をすることができますし、集中しやすい時間に一気に進めることもできます。

頑張り次第では全日制高校よりも受験勉強に集中することができるので、大学進学を目指しやすいのです。

まとめ

通信制高校は、様々な事情を抱えた生徒を多く受けて入れてくれる学校です。

その為、基礎学力に不安がある生徒や、中学時代の勉強についていけていない生徒も多いので、偏差値を出さずに、積極的に入学させているのです。

しかし通信制高校とはいえ、全日制高校と変わらず酵素資格を取得することは可能ですし、大学進学を目指すこともできます。

もちろん就職を目指すこともできるので、学習方法の違い以外は全日制高校とほとんど変わりません。

頑張り次第で大きく学力を伸ばすこともできるので、ぜひチャレンジしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました