フリースクールは通信制高校とは違う?どういう場所なのか

通信制高校入門編
この記事は約7分で読めます。

通信制高校についていろいろ調べていると、よく見かけるフリースクールやサポート校。

通信制サポート校について、当サイトでも以前紹介していますので、そちらを合わせて読んでみてください。

通信制高校に関する疑問:通信制のサポート校について
通信制高校について調べてみると、「サポート校」という名前を良く見かけるようになります。 通信制高校とサポート校は同じようなものと勘違いされる方も多いのですが、まったく別のものです。 このページでは、通信制のサポート校について簡単...

では、フリースクールとは何なのでしょうか。

よくフリースクールと通信制高校の別名だと勘違いしている人がいます。

どちらも何かしらの原因で不登校になってしまった人に対しての居場所という意味では共通しています。

しかし、フリースクールと通信制高校はそもそも全く別物なのです。

ではフリースクールとは何なのかを詳しく紹介していこうと思います。

フリースクールって何?

フリースクールは、一言で言えば「学校に行くことができない生徒たちの為の居場所」です。

小学生、中学生、高校生が各学校の代わりとして学生生活を送ることができるように環境を整えている場所になります。

主に以下のような生徒を多く受け入れています。

・不登校を経験したことがある人
・引きこもりを経験したことがある人
・軽度の発達障がいを持っている人
・知的障がいがある人

どこが運営をしているのか

フリースクールは、主に個人経営、NPO法人やボランティア団体などが運営を行っています。

運営自体がバラバラなので、各学校によって方針や教育理念、形態、ルールなどが大きく異なります。

また、通うためにかかる費用も目安がないので、学校によっては安い所もあれば高い所もあります。

フリースクールではどうやって勉強をしていくのか

引きこもり、不登校などを経験したことがある人や学習障害を持っている人など、様々な事情を抱えている人は、学習レベルにバラつきがあるので、クラス制を採用している学校で均一の空間で勉強を行っても成果が出にくいことがあります。

フリースクールに関しては、そういった学習レベルにバラつきがある人でも安心して勉強を続けることができる環境が整っています。

その理由は、フリースクールのタイプや運営の方針によって多少バラつきはありますが、個別学習や少人数制を採用しているのが主流のスタイルになっているからです。

フリースクールによっては、通学しづらい生徒の為に家庭訪問形式での学習からスタートさせ、一日でも早く学校に来ることができるように細かくカリキュラムを設定して授業を行ってくれるところも多くあります。

フリースクールは、塾に近い感覚で通える

フリースクールは、個人やNPO法人、ボランティア団体が運営しているので、学校ではありません。

その為、卒業することができたとしても学校の卒業資格を取得することはできません。

あくまで生徒の学校復帰や居場所作りの場としての役割を持っているだけになります。

つまりは、全日制高校、定時制高校、通信制高校などの、国が認めた学校に入学する前に学校復帰に慣れるための場であるという認識でいると良いでしょう。

そもそも性格的に集団行動が苦手な生徒も比較的多いので、フリースクールから通信制高校に入学して、そのまま卒業を目指す、というパターンもあります。

通信制サポート校とは何が違うのか

通信制高校の学習をサポートする存在として有名なのは通信制サポート校です。

では、フリースクールと通信制サポート校は何が違うのでしょうか。

そもそも運営元が違う

通信制サポート校は、予備校や学習塾が運営していることが多く、中には通信制高校自体が専用のサポート校として運営している場合もあります。

サポート校の主な役割は通信制高校の学習サポートと、生活面でのサポートです。

対してフリースクールは、先ほども書いたように運営元がNPO法人や個人であるため、学習の為の学校というよりも生活面やメンタル面のサポートを行っていくことがメインになります。

勉強を全く見てもらえないというわけではないのですが、あくまでの心などの目に見えないような部分のケアに重きを置いているので、入学試験を設けていない場合が多くあります。

入学時期も大きく異なる

通信制サポート校の入学時期は、主に高校生から大人まで幅広いです。

その為、入学試験は中学校卒業見込み又は卒業資格取得済みであることや通信制高校在学者、高等学校中退者などの制限があります。

また、転入・編入の場合でも入学資格を得られます。

対してフリースクールは、小学校や中学校と連携していることが多くあるため、義務教育課程にある生徒を多く受け入れています。

学校にもよりますが、小中学生だけでなく、高校生や成人している人を対象にしているフリースクールもあります。

先ほど、卒業資格を得ることができないと書きましたが、学校によってはフリースクールへの登校を今通っている小学校や中学校への登校という扱いにしてもらえるところもあります。

この場合は、義務教育課程をフリースクールで過ごして中学卒業とすることになります。

その為、今通っている学校に通いたくないと生徒が入学しているケースも少なからずあるのです。

学校の目的や学習方法も違う

通信制サポート校では、主に通信制高校卒業の為の学習のバックアップをしてくれることがメインになるので、高校を無事に卒業することを目的としています。

また、個々の学習レベルに合わせてカリキュラムを組んでくれるので個別にサポートを受けることができます。

対してフリースクールも個別にカリキュラムを組んで学習サポートをしてくれるところもあります。

その為、この辺は違いがありませんが、フリースクールは、それだけではないので、場所によって学習方法が大きく異なる点には気を付けましょう。

学費には大きな違いはあるのか

通信制サポート校に関しては、学校によって様々ですが、基本的には週にどれくらい通うかで学費が決められています。

少なくても週1日通うと考えると、平均的には18万円前後からになることが多いです。

週5日通うとなると、大体通信制高校の1年間の学費と近いくらいの50万円前後になる場合が多いです。

対してフリースクールは、週に通う日数で学費が決まっている、といったことはありません。

また、他のサポート系の学校に比べると比較的に安く、平均3万円程度からになることが多いです。

ただし、明確に決まっているわけではないので、場合によっては月額であることもあります。

フリースクールから進学をするって実際どうなの?

フリースクールでは、中学卒業後の進路として、全日制高校や定時制高校だけでなく、通信制高校への進学や高等専修学校への進学など、個々の状況に合わせて様々なサポートを行ってくれます。

フリースクールに通っている生徒の多くは、集団生活が苦手な人たちです。

その為、通信制高校に入学して、高校卒業を目指していく、という人が多いです。

しかし、フリースクールから高校に入学するのに不利になるのかと言われると、そういったことはないので安心してください。

高校卒業までは進学して卒業しておいた方が良いのか?

現在、中学校を卒業して高校に進学する人の数は98%となっているため、最終学歴が中卒だと選択することができる職業が減ってしまいます。

その為、できるだけ高校卒業までは進学しておいた方が良いでしょう。

また、高校卒業が最終学歴である場合、経済的にも自立する為にも有利になりますので、是非「高卒資格」は取得しておきましょう。

高校入学から勉強をしっかりやっても遅くはない

仮に一流企業に就職しようと思った場合は、大学卒業を最終学歴にしていないと応募することすらできないことがあります。

しかし一般的な中小企業であれば高校卒業しているだけでも応募することができます。

一般企業に就職しない場合でも、手に職をつけようと思ったら幅広い専門分野を学習することができる通信制高校への入学はおすすめです。

将来就きたい職業がある場合や勉強したいことがあるのであれば、フリースクールで満足せずに通信制高校やサポート校を利用して高卒資格の取得を目指していきましょう。

まとめ

今回は、フリースクールというのは何なのか、通信制サポート校とはどう違うのかを紹介していきました。

フリースクールと通信制サポート校は、違っている部分はありますが、学習サポートをしてくれるという意味では共通しています。

学習サポートだけでなく、生活面のサポートもしてくれるので、将来社会に出ても困らないようになります。

フリースクールは、「今通っている中学校に通いたくない人」や「通学が辛いと感じている人」は選択肢として持っておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました