通信制高校:私立と公立の違いについて

通信制高校入門編
この記事は約4分で読めます。

このページでは、「公立の通信制高校」と「私立の通信制高校」の違いについて解説したいと思います。

通信制高校にも公立と私立の学校が存在します。大雑把に言えば、学費が大きく違いますが、もちろん違いはそれだけではありません。通信制高校を選ぶ際に何を重視するのか?に直結する内容にもなっているので、是非参考にしてみてください。

公立と私立の通信制高校は「学費」が大きく異なる

通信制高校も全日制の高校と同様、私立と公立とでは「学費」が大きく異なります。

どのくらい違うのか?というと、

私立のほうが公立より約10倍以上学費が高いです!

公立 私立
入学金 500円 2万円から5万円
授業料 1万円から3万円円 18万円から~
その他の費用 年間3万円ほど 年間3万円ほど


の表を見ても、明らかに私立の通信制高校のほうが高額になっています。

ただ、安易に「安いから公立にしよう!」と決めるのではなく、以下の学費以外の違いにも注目してください。

公立と私立のサポート体制の違いについて

通信制高校は基本、自学自習です。自分で学習の計画をたてて、管理し、進めなくてはなりません。単位を取得することができず何年も在籍してしまうことになったり、卒業までに3年以上かかってしまうケースは多々あります。

3年で卒業するにはサポート体制がとても重要な要素となります。

公立の通信制高校の場合は、先ほども述べたとおり一人で学習の計画を立て、それを基本的には一人でこなしていかなければなりません。そのため公立の通信制に通う場合には、「基本的な学習力」、「調べて解決する力」、「自己管理能力」などが求められます。

もちろん、決められた日程のスクーリング(実際に登校する日)時に質問できれば良いのですが、公立の通信制高校は教員数も少なく、生徒を個別にサポートする体制に限界があります。

公立の通信制高校は、学費が安く、自由な時間が増える反面、卒業するにはとても大きな努力が必要となるといえますね。

 

一方、私立の通信制高校は、教員数も多く、レポートの提出もメールでおこなえたり、スクーリングの日数も融通が利きやすく、生徒一人一人へのサポート体制が整っていると言えます。

その分、公立の通信制高校に比べると卒業率が非常に高くなっていて、中には100%近い卒業率を誇る学校もあります。

また、過去に不登校だった経緯がある生徒さんや、いじめにあった経験のある生徒さんのために、カウンセラーが常駐している通信制高校もあります。

学費は公立の通信制高校と比べると高額ですが、近年ではその卒業率の高さから、最初から私立を選ぶ方も多いようです。

公立と私立ではスクーリング(通学)日数が異なる

基本自学自習の通信制高校にもスクーリングと呼ばれる、実際に登校して授業を受ける(面接指導)時間があります。生徒さんによってはスクーリング自体が重荷になる場合もあるかもしれませんが、スクーリングは公立・私立問わず必須です。

このスクーリングに関しても、公立と私立の通信制高校では違いがあります。

公立の通信制高校では、スクーリングの日程が決まっていて、生徒さんはその学校のあらかじめ決められたスクーリングのスケジュールにあわせて登校する必要があります。

一方、私立の通信制高校はというと、スクーリングの日程に幅があり、生徒さんの都合に合わせてスケジューリングできるようになっている場合がほとんどです。

学校によっては、まとめてスクーリングをして単位を取得できるところもありますし、先生が数多く常駐している学校の場合は、週に4日でも5日間でも学校に登校し、自宅で作成するレポートを先生の指導のもとで進めることができる学校もあります。

公立と私立では学べる専門分野が異なる

公立の通信制高校が、普通高校の学習範囲のみなのに比べ、私立の通信制高校では、通常の授業だけでなく専門的な科目を学べるコースを用意している学校がたくさんあります。

例えば、音楽関係、芸能関係、美容関係、エンジニア、調理…などなどがあり、高校卒業の資格だけでなく、卒業後にも役立つ資格の取得も目指せるので、進路の幅が広がるのも大きなメリットと言えますし、モチベーションの維持にもつながります。

そのほかにも、大学進学に向けたコースもあったりします。専門コースの種類は私立の通信制ならどこも同じというわけではなく、学校によってさまざまなので、資料請求をして比較検討することをおすすめします。

公立の通信制高校と私立の通信制高校の違い:まとめ

以上、簡単にではありますが私立と公立の通信制高校の違いをまとめてみました。

公立と私立では「学費」が大きく異なり、公立のほうが学費が安いとはいえ、公立の通信制高校で「高校卒業の資格を取る」ことは、思いのほか大変なことといえます。

確実に3年で高校卒業、資格習得をしたいのなら、最初からサポート体制が充実している私立を選択したほうが良いかもしれません。私立であれば、大学や専門学校へのステップアップも十分に考えられます。

結局、何を一番重視するのか?によって、どちらに通うのか?異なってくるとは思いますが、色んな学校を比較検討することがとても大事になります。

どの通信制高校にするのかは、絶対に資料請求をして決めましょう!

タイトルとURLをコピーしました