技能連携校とは?通信制サポート校とは違うの?

通信制高校入門編
この記事は約6分で読めます。

通信制高校に関する学校は、通信制サポート校と技能連携校の2種類があります。

どちらも通信制高校と同時に学習を進めていくことで高卒資格を取得することができる教育施設ですが、その役割は全然違います。

では、どんな違いがあるのか、そもそも技能連携校と通信制サポート校はどういう特徴があるのか等を詳しく解説していこうと思います。

技能連携校とはなに?

技能連携校というのは、学校教育法55条の定めに従って公的に制度化された高校卒業資格を取得することができる教育施設の事をいいます。

簡単に言えば、技能連携校を利用して専門的な学習を進めていきながら、通信制高校で高卒資格取得事を目指してくことができる学校である、ということです。

学校教育法には以下のような記載があります。

「定時制または通信制高校の生徒が都道府県教育委員会が指定する技能教育施設で教育を受けた場合、そこで受けた学習を高校の教科の一部の履修とみなす」

この記載の「都道府県教育委員会が指定する技能教育施設」の部分が技能連携校なのです。

技能連携校は、文部科学大臣が定めている高等学校の職業に関しての教科である農業、工業、商業、水産、家庭、看護、情報、福祉に該当するものが含まれていることが必須条件となります。

わかりにくいかもしれないのでもっと噛み砕いて説明すると、「広域の私立通信制高校と技能連携校に同時に入学すると、3年で2つの学校を卒業することになる」ということですね。

2つの学校を卒業すると考えると負担が増える気がしますが、技能連携校で行う専門的な学習を通信制高校の単位としてあてることができるので、負担が増えることはありません。

技能連携校はどこが運営を行っているのか

技能連携校は、専門学校が運営をしていることが多いですが、中にはトヨタ自動車や日立製作所などのトップの企業が高い技術や技能を継承するために開校しているケースもあります。

また、共産関係の企業がノウハウを生かし、社会的に必要であるとされている部分に特化した形で開講しているケースもあります。

つまりは、「学校法人が運営を行っているわけではないことが一般的である」ということですね。

通信制サポート校とはなに?

通信制サポート校は、通信制高校に通っている生徒が3年間で卒業することができるように単位修得や進級などの支援を行うための学校の事を言います。

通信制高校では、知っている人も多いと思いますが、レポートの提出、スクーリングへの参加、テストの3つを軸として学習を行いながら単位を修得していく学校です。

しかし、通信制高校は基本的には自学自習なので、一人で勉強を進めていかないといけません。その為、不明点が増えてしまうと勉強が進まなくなってしまい、途中で挫折してしまう可能性が高くなってしまいます。

通信制サポート校は、そうならないように3年間でしっかりと卒業することができるように学習面、生活面、メンタル面をサポートしていくことを目的としています。

通信制サポート校に関しては、以下でも詳しく解説しているので是非合わせて読んでみてください。

通信制高校に関する疑問:通信制のサポート校について
通信制高校について調べてみると、「サポート校」という名前を良く見かけるようになります。 通信制高校とサポート校は同じようなものと勘違いされる方も多いのですが、まったく別のものです。 このページでは、通信制のサポート校について簡単...

技能連携校と通信制サポート校の違い

技能連携校と通信制サポート校は、「通信制高校を卒業するための学校」という点では共通していますが、いくつかの違いもあります。

その違いを紹介していきます。

最大の違いは授業が単位になるのかならないのか

技能連携校の説明でも書きましたが、通信制サポート校と技能連携校の大きな違いは授業を行った部分が通信制高校の単位履修にあてることができるかどうかです。

技能連携校は、通信制高校と同時に入学し、専門的な学習を進めていくことでそこで得た単位を通信制高校の単位として利用することができます。

対して通信制サポート校は、学校法人で認められた学校ではないので、あくまで通信制高校の学習サポートを行う学校という域を出ません。

その為、通信制サポート校で学習をしていても、通信制高校の単位として認められません。通信制高校を卒業するためには学校指定のレポートの提出やテストを受けて、単位認定を受けていくしかないのです。

通信制サポート校はあくまで「通信制高校を卒業するための指導を受ける学校」なのです。

サポート校ごとに特徴があり、大学進学を目的とした対策の為の学習を行うことができたり、プログラムやデザイン、イラストを学習するための専門的な技術や学習を行うことができる学校もあります。

出席日数が違う

技能連携校の場合は、週5日通学するように都道府県との間で決められているので、全日制高校と同じように生活をしていくことになります。

その為、同時に入学した通信制高校にはスクーリングに行く必要がありません。

対して通信制サポート校は、通信制高校で実施されているスクーリングの時間数だけ必ず登校しないといけないという、「最低登校日数」が決められています。

決められた日数だけは通信制高校に通わないといけなくなるのです。

技能連携校のメリットはなに?

技能連携校のメリットは、先ほど書いた「技能連携校の単位がそのまま通信制高校の単位として認められる」ということです。

しかしそれだけでなく、カリキュラムがしっかりとしていることも大きなメリットです。

高等学校学習指導要領によって国数英の普通科の学習もしっかりと学習することができます。また、専門的な学習も進めていくことができるので、履修科目としてのバランスを考えて、学習計画をしっかりと立てることもできます。

さらに社会に出ても即戦力として活躍することができる人材の育成を目指していきながら、高校卒業証書と専修学校高等課程の卒業証書も同時に取得できるので、履歴書を作成する際に持っている能力を書面化するのにも有利になります。

技能連携校のデメリットはなに?

技能連携校のデメリットは、高校の学習と一緒に専門的な知識を習得するために週5日通学が一般的であることです。

その為、自学自習を基本としていて、自分のペースで学習を進めていくことができる通信制高校の良さが薄れてしまいます。

また、高等学校学習指導要領に沿っているため、専門科目の学習には限界があります。時代を先取りした学科であったり、表現者を目指すようなコースは設けられていません。

ハイレベルのプログラミング技術を扱うプログラマーや最先端のメディアアーティスト、声優、ダンサー、タレントなどの専門的な職業を目指す人にとってはあまり向いていないといえます。

しかし、将来の目標の為の職務教育を受けたいと思っている人や多少であっても専門的な知識を得たいと思っている人にとってはサポート校や技能連携校は非常に向いているといえます。

まとめ

技能連携校は、学校そのものが通信制高校のように高卒資格を取得することができる場所です。

ある程度の専門的な知識を学びたいと思っている人や社会に出ても役に立つことができる資格取得や体験をしてみたいと思っている人には最適な環境です。

より深い専門的な知識を得るのであればサポート校の方が充実していますが、サポート校では通信制高校の単位の一部として利用することができないため、「どういう環境でどういう学習をしたいのか」を明確にしたうえで選択すると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました