通信制高校のテストってどういうものなの?内容は?難しい?

通信制高校入門編
この記事は約7分で読めます。

通信制高校の学習方法は、レポートの提出とスクーリングがあります。

レポートを作成したりスクーリングに参加すれば単位を取得することができるので、そのまま3年間で卒業できる!と思っている人も多いかもしれません。

しかし、通信制高校とはいえ、「高等学校」なので、テストを行わなくても良いのかどうか、不安になりますよね。

テストと聞くと皆さん「テストって難しそう」「赤点とったら卒業に響くんじゃない?」と不安になってしまうと思います。

では、通信制高校のテストとはどういうものなのか、詳しく紹介していきます。

通信制高校にもテストはあるのか

通信制高校にもテストは存在します。

ただし全日制のテストとは異なります。

全日制のテストは学期ごとの中間テスト、期末テストのように区切りで行われるもので、「定期考査」と言われています。

対して、通信制高校のテストは「単位認定試験」といわれるもので、年に1回または2回行われるものになります。

単位認定試験というのは、高校卒業資格の取得に必要な単位を修得するための最終的なテストの事です。

下でも説明しますが、高校卒業資格の取得に必要な単位を修得するための最終テストになるので、全日制高校の定期考査とは回数や内容、仕組みなどが異なっているのです。

全日制高校と通信制高校のテストの違いを比較

全日制高校のテストと通信制高校のテストの違いは、以下になります。

・受験資格
・テストの回数
・テストの内容

受験資格

全日制高校の場合は、受験資格が出席日数や提出課題に左右されることなく、在学生全員が受けることになります。

対して、通信制高校の単位認定試験は、試験だけを受けるといったことはできません。

その為、必ずテストを受けるのには一定の条件を満たさないといけなくなります。

・科目ごとに決められたサポートの枚数を提出していること
・スクーリングへの一定数の出席回数を満たしていること

上記の両方を満たしていないとテストを受けることができません。

テストの回数

全日制高校のテストは、3学期制なら年間で5回開催されますし、2学期制なら4回開催されます。

一方で通信制高校の場合は、テストの開催回数は多くの場所で1回のみ開催されます。

スクーリング回数が多い学校の場合は2回開催されることがあります。

テストの内容

全日制高校の場合は、テストの回数が多いので、特定の範囲を試験前に重点的に勉強していけば試験対策をすることはできます。

教科書以外からの出題であっても副教材やプリントなどから出題されることもあるでしょう。

対して通信制高校のテストは、科目ごとの最終テストとして実施されるので、範囲は全日制高校よりも多くなります。

ただし、ほとんどの場合は、レポートからの出題になりますので、レポートをしっかりと復習して理解していれば解ける問題が多いです。

また、学校にもよりますが、テストの際に教科書を持ち込んでもOKな場合もあります。

許可されている学校の場合は、教科書にレポートやスクーリングで学んだ内容をメモするようにして、テストの際にすぐに確認できるようにしておくと良いでしょう。

テストの難易度はどれくらいなのか

通信制高校のテストは、全日制に比べるとかなり簡単に解けるようになっています。

その為、普段からレポートをしっかりと作成しつつ、テスト前に復習をしておけば問題ありません。

仮にテストの点数が悪くてもレポートやスクーリングなどを評価して合格としてくれる学校もあるので、普段からしっかりと取り組むようにしましょう。

「テストは簡単」とはいっても、生徒によって感じ方は様々です。

実際には生徒はどう感じているのかを調査したヒューマンキャンパス高等学校の調査では以下のようになっています。

・簡単すぎる:5.9%
・やや簡単と感じる:17.6%
・丁度いいと感じる:58.8%
・やや難しいと感じる:5.9%
・難しいと感じる:11.8%

これは2019年2月1日~2月28日までに実施したアンケートの結果ですが、最も多かったのは「丁度いいと感じる」でした。

個々の学習レベルにもよるので一概には言えませんが、この結果を見る限りは難しいと感じている人は少ないようです。

テストの合格ラインは?

テストに関しては丁度いいまたはやや簡単と感じると答えた人が多かったですが、それでも準備を怠ってしまうと合格できないことがあります。

合格ラインをしっかりと把握したうえでしっかりとテスト対策を行うようにしましょう!

では、通信制高校のテストの合格ラインは何点になるのか、確認しましょう。

テストは60点取ることができれば合格ラインとなる

全日制高校では、赤点や合格ラインは各学校によって決まりがあります。

対して、通信制高校のテストは60点を獲得することができれば合格ラインとなります。

ただし、この60点というのは1年間で獲得する点数になりますので、1回ごとに必ず60点をとる必要はありません。

前期試験、後期試験とある学校の場合は前期試験で30点を取得し、後期試験で残りの30点を取得する、といった方法でも問題ありません。

また、30点ずつ取得することができなくても問題ありません。

前期で0点であっても後期で60点取得できればOKとなります。

赤点はあるのか

テストの合格ラインが60点だと、それよりも低い点数は赤点となってしまうのか、と不安になる人もいるでしょう。

全日制高校の場合は、テストを受けた1クラスの生徒の平均値を合格ラインとし、それ以下を赤点としている学校もありますし、明確に「50点」と決められている学校もあります。

通信制高校の場合は、赤点というものは存在しません。

1年間で60点を取得することができれば単位認定として認められるので、全日制高校に比べると気楽に望むことができます。

テストを受ける場所はどこになるのか

テストは、基本的には通信制高校の校舎内で行われますが、学校によって変わってきます。

入学している通信制高校の本校に通うことができない場合は、各地域のキャンパスや学習センター内で受けることができる学校もあります。

また、最近はオンライン上でテストを受けることができる学校も出てきています。

テストの雰囲気が苦手な人もいるので、自宅で受けられるのは嬉しいのではないでしょうか。

テスト勉強が苦手でも合格することはできるのか

年に1回または2回の試験で卒業に関わる単位の認定が決まってしまうとなると、勉強が苦手な人は自分でも卒業することはできるのかと心配になりますよね。

しかし、安心してください。

ほとんどの通信制高校は、勉強が苦手な人でもしっかりと単位認定試験に合格することができるようになっています。

先ほども書いたように、通信制高校のテストは教科書、レポートを見れば十分に解けるような問題になっていますので、難しくありません。

また、試験前のスクーリングでは、「テストに出す」というポイントを先生が教えてくれることが多いので、そこをしっかりと復習しておけばOKです。

試験問題も問題形式を変更せずに、そのまま出題されることも多いため、迷わずに解けます。

さらに通信制高校には留年という概念がないので、一人だけ勉強が遅れていると恥ずかしがることもありません。

レポートの作成やスクーリングへの参加など、テストまでにいくつかのステップがある分、テスト一発勝負といった側面がかなり小さいのも、通信制高校の大きな特徴でしょう。

学校によっては成果物を評価として加味してくれる場合もある

学校によりますが、勉強が苦手で科目によって成績にかなりばらつきがある場合、成果物評価を受けられる高校もあります。

この場合は、成果物を作って提出をすることで、テストの点数として加味してくれます。

テストで点数をとるのが苦手な人にはかなりたすかるのではないでしょうか。

成果物は自由度が高い

成果物は各科目ごとに自分で自由に課題を決める事ができるので、かなり自由度が高くなります。

提出に関しては、手書きでも問題ないですし、パソコン等を使っても良いので、自分が表現しやすいものを使うと良いでしょう。

作品以外にも、調べ学習、問題集などのワークなどを持っていっても認められることがあります。

テストは必ず決められたものに取り組まないといけませんが、成果物は自分で課題を決める事ができるので、苦手な内容であっても少しずつ取り組むことができます。

レポートを作成し、スクーリングに規定数通い、テスト受ければ単位を認定できて卒業という通信制高校が多い中で、成果物を単位認定として認めてもらえるのはかなり魅力ではないでしょうか。

まとめ

通信制高校でも、全日制高校同様にテストを受けることになります。

しかし、全日制高校と通信制高校ではテストとはいえ違いがあります。

全日制高校のテストは定期考査といわれるもので、各教科や各科目を通して成績を評価するために定期的に行われるものになります。

対して通信制高校のテストは単位認定試験といい、年に1回または2回開催されます。

レポート等を通して取得した単位を認定するかどうかを確認するために実施されます。

通信制高校のテスト内容は、レポートや教科書をしっかりと確認しておけば比較的簡単に解くことができますので、ハードルはかなり低いです。

どういう勉強をしたとしても、テストの為に準備した手ごたえをしっかりと感じることができるのが通信制高校のテストであるといえます。

タイトルとURLをコピーしました