通信制高校の転入学や編入学を詳しく解説!

通信制高校入門編
この記事は約9分で読めます。

「今通っている高校に馴染めずにいるからやめたい」

「高校は中退してしまったけど、それでも高校卒業資格は取得したい」

と思っている人は、通信制高校への編入や転入をして卒業を目指すのが一つの選択肢になります。

通信制高校であれば、今まで通学していた高校の単位を引き継ぐことができるため、短期間で効率よく卒業することも可能です。

ただ気になるのは、そもそも転入と編入はどう違うのか、いつでも転入や編入はできるのか、卒業までにはどれくらいの期間がかかるのかなどではないでしょうか。

そこで、このページでは、そんな転入や編入に関しての悩みをまとめて解決していこうと思います。

転入と編入の違いは?

転入と編入は、「今通学している高校から別の高校に入り直す」ということなので、似ているようですが、意味は全く違っています。

また、転入と編入の違いで、入学することができる時期や卒業までの期間が大きく変わってきてしまうので、よく理解しておくようにしましょう。

転入とは?

転入は、今通っている学校に在学中に手続きを行って、そのまま別の学校に入学しなおすことを言います。

転入の場合は今通っている学校から別の学校に通うまでに空白期間がないので途切れることなく勉強を継続させることができます。

編入とは?

編入は、通っていた学校を中退または退学して、改めて別の学校に入学しなおすことを言います。

編入の場合は、一度通っていた学校を中退していることになるので、改めて入学する学校の登校までに空白期間が生まれます。

その為、勉強が一旦途切れることになります。

転入は転校、編入は入り直しに近い

転入と編入を画像にしてみました。

転入は、空白なく別の学校に入学することになるので転校に近い形になります。

対して編入は、一度通っていた学校をやめているので入り直しに近いでしょう。

今現在通っている学校があるなら転入扱いになりますし、すでに中退しているなら編入になります。

ちなみにですが、休学中であったとしても、学校に在学しているのであれば転入扱いで別の学校に通いなおすことができます。

入学できる時期も違ってくる

転入と編入には、入学し直しまでの空白期間があるかどうかだけでなく、入学する時期も違いがあります。

この入学時期の違いによって、単位の引継ぎに関しても変わってくることになります。

転入の場合は、随時入学可能である学校が多いですが、編入は入学期間を限定している学校が多くあります。

全日制高校は4月入学だけの1期生であることが最も多いですが、通信制高校は2期生になっていることが多いです。一般的な入学時期である4月を第一期生とし、9月卒業を目指す10月入学の生徒を第二期生と言います。

入学時期に関しては、転入の方が編入よりもチャンスが多いことが多いです。

対して編入だと、希望の通信制高校を決めることができても、入学時期まで入学を待たなければいけません。

入学期間が遅れていくことになるので、その分卒業する時期も必然的に遅れていくことになります。

もし在学している学校から通信制高校への入学を検討するのであれば、中退せずに転入することをおすすめします。

通信制高校に編入や転入をする理由

全日制高校から通信制高校に転入または編入する理由は人によって様々です。

では、どういった理由が多いのかをいくつか紹介します。

学習時間や学習ペースが合わなかった

全日制高校から通信制高校に転入、編入をする理由として最も多かったのは「学習時間や学習ペースが合わなかった」でした。

全日制高校はクラス制を採用している学校がほとんどなので、30人程度で同時に授業を受けていくことになります。

そうなると、どうしても一人一人に合わせた学習時間や学習ペースに合わせることが困難になるので、付いていけなくなってしまう生徒が出てきてしまいます。

学習がどんどん遅れていくと取り戻すのが難しくなるので、結果的に通うのが嫌になってしまう、という生徒が多いのでしょう。

また、同じ時間に勉強を始めて、同じ時間に授業を終わるので、これが苦痛になってしまう人もいるようです。

その点通信制高校は、クラス制を採用している学校は少なく、基本的には自宅で学習を進めていくことになるので、自分のペースで学習を進めていくことができます。

個別授業を受けることができる学校であれば、生徒一人一人に合わせた学習レベルやペースでカリキュラムを組んで授業をしてもらうことができるので、ストレスなく続けることができます。

いじめ等にあって不登校を経験した

学力面で通信制高校に転入または、編入した人も多いですが、いじめにあって不登校を経験したことが理由の人も多くいます。

通信制高校は全日制のように毎日学校に通う必要がないので、登校頻度を抑えることができます。

また、同じ学校の生徒と会う機会も減るので、いじめが起こりにくいとされています。

いじめに関しては以下のページで詳しく書いているので良ければ合わせて読んでみてください。

通信制高校でもいじめは存在するのか?いじめられる原因はなに?
小中学校の時にいじめを経験してしまい、心に傷を負った為に不登校になってしまった生徒もまだまだ多いです。 そんな生徒が高校への進学先として「通信制高校」を選択するというのはよくあります。 また、いじめを受けたことで通信制高校に転校...

自分の時間を有効に使うため

アルバイトをしながら学校に通っている生徒や芸能活動をしながら通っている人にとっては、日中は忙しくて毎日登校することが困難なこともあります。そういった生徒にとっては「通信制高校は時間が確保しやすい」というケースもあります。

自分で学習管理やスクーリングへの出席状況などを管理しないといけなくなるので大変ですが、上手くコントロールすることができるのであれば通信制高校は大きなメリットになります。

また、仕事関係じゃなくても、将来目指したいことに対しての活動をしていくのに時間が自由に使えた方が良いっていう人も通信制高校に入り直す人の理由としては多いです。

転入や編入をした時の単位の引継ぎはどうなるのか

転入または編入で通信制高校に入学しなおした場合、以前に在籍していた高校で取得していた単位がそのまま引き継がれることになります。

しかし、多くの全日制高校では学年制を採用しているので、単位が与えられるのは進級の時だけになります。

その為、学期ごとにではなく、1年通して授業やテストを受けて合格して取得した単位だけが通信制高校に引き継がれることになります。

もし学年の半ばで転入や編入をしたとした場合、学年で修得している単位の引継ぎは不可能なので注意しましょう。

仮に1年の途中で通信制高校に転入した場合は、それまでの単位は取得した事にならないので引継ぎは行われませんので、74単位を取得しないといけなくなります。

対して2年の途中で転入をした場合は、1年の終了時に取得した30単位だけを引き継ぐことになるので通信制高校で追加で取得しないといけない単位数は44単位となります。

転入で通信制高校に入学した時には、同学年の生徒と同時に卒業ができるようにカリキュラムを組んでくれる学校もあります。

ただ転入時期と単位の取得状況によりますので、学校に相談してみると良いでしょう。

通信制高校への転入や編入に必要な書類について

通信制高校への転入や編入には、当たり前ですが、手続きを行うための書類が必要になります。

自分で作成する書類もあるのですが、在籍していた学校に発行をお願いする書類もあるのでしっかりと確認して漏れがないようにしましょう。

また、書類はすぐに発行してもらえるようなものではないので、時間に余裕を持ってお願いをするようにしましょう。

特に編入時に関しては書類の発行に1週間~10日程度かかることがありますので、多めに見積もっても編入の2週間くらい前から作成依頼をしておくようにすると安心でしょう。

編入・転入の流れ

通信制高校への転入や編入は、以下のような流れで行われます。

・入学する学校の願書を取り寄せる
・必要な書類を作成する
在籍していた学校に必要書類の作成依頼
受験料の振り込み
入学願書の作成
・必要書類を通信制高校に郵送または直接持っていく
(現在はネットで受付してくれる場合もある)
・書類審査、面接等を行う
・入学手続きを行う

転入と編入は入り直しという意味では異なっていますが、書類はほとんど同じになります。

ただ、必要書類の数が多少違うこともあるので、その辺はこれから通う通信制高校に問い合わせをしてみましょう。

転入は、これから在籍する通信制高校が書式を指定してくる場合と、今現在在籍している学校の書式でも問題がないことがあります。

対して編入は、通信制高校に書式が指定されていることが多いです。

願書に関しては、資料請求をすると封筒の中に同封されてくることがほとんどなので、これを使って作成すればOKです。

必要な書類を確認しよう

では、実際に転入と編入で必要になる書類を確認していきましょう。

項目 転入 編入
自分で作成 ・入学願書
・作文(学校によって必要)
・入学願書
・作文(学校によって必要)
在籍してた学校 ・成績、単位修得証明書
・生徒の転学についての照会
・在籍証明書
・成績、単位修得証明書
・在籍証明書
その他必要なもの ・証明写真(必要枚数)
・受験料の振り込み証明書
・健康診断書(学校によって必要)
・証明写真(必要枚数)
・受験料の振り込み証明書
・健康診断書(学校によって必要)

必要になる書類は、通信制高校によって異なりますが、健康診断書に関しては多くの学校では提出しなくても問題ありません。

作文に関しては、実施している学校と実施していない学校があるので、この辺も事前に確認しておくようにしましょう。

入学試験について

先ほど「転入・編入の流れ」の項目で書きましたが、転入・編入であっても入学試験は実施されます。

入学試験と言うと、自信を無くしてしまう人もいるかもしれませんが、難しい学力試験を行うような学校はあまりありません。

一般的には現在の状況を把握するための面接がメインになります。作文の提出を求められる学校も少なからずあります。

無事に合格することができれば授業料等の振り込みを行って、入学許可が出れば新しい学校での学習がスタートすることになります。

転入・編入にはどれくらいの費用がかかるのか

転入・編入にかかる費用は大事な部分になるので、しっかりと確認しておきましょう。

主に以下の費用がかかることになります。

・個別説明会に行くための交通費
・選抜料(検定料)
・証明写真代
・書類発行の為の費用

授業料の振り込みを除くと、上記のようになります。

通信制高校は、一度入学したら卒業まで学校に通わない、ということはないので、手続きを行う前に必ず学校の雰囲気を確認しておきましょう。

中には願書を入手するのに実際に学校に行かないといけないようなところもあるので、その為の交通費はかかってきます。

さらに、入学試験を受けるには、転入・編入であったとしても必ず選抜料(検定料)が必要になります。

選抜料は学校によってもバラバラですが、ほとんどは5,000円~20,000円の間になります。こちらはあくまで私立を受ける場合の費用になるので、公立であればもっと安く抑えることができます。

なお、書類の提出時に必要になる証明写真の費用も必要になりますが、これはこだわらなければ数百円程度でできますし、スマホで写真を撮ってそれを証明写真用に作れば費用はほぼかかりません。

まとめ

全日制高校から通信制高校へ転入や編入をする理由は、人それぞれです。

ただ、すぐに通いなおすことができるかと言われると、そうではなく、それなりに手続きが必要になります。それに、学校によっては随時受付をしてくれる場合もありますが、入学可能な時期まで待たないといけない場合もあります。

転入するにしても編入するにしても、まずは以下の内容をしっかりと確認しておく必要があります。

・現在通っている学校での単位の取得状況
・いつから入学できるのか、入学時期は決まっているのか
・入学してからどれくらいの単位を取得すればいいのか
・出席日数は引継ぎはできるのか

入学時期や入学の為の手続き、費用に関しては学校によって大きく異なるので、気になった学校があれば一度資料請求をしてみるといいでしょう。

資料請求は無料でできるので、比較するのであれば複数の学校の資料を入手すると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました